« 隠しカメラ解像度を簡単に設定する方法 | トップページ | ライター型カメラ 高画質 »

2016年8月16日 (火)

営業車のGPS電波を遮断する

スマホ電波障害は弊社が現在の衛星測位(自動車の位置づけ、携帯電話の測位、googleネット位置付けなど)が氾濫している状態に対して盗撮や盗聴などを防止しプライバシーを保護したい人に特別に設計されたのです。今のすべてのGPS衛星測位システムの特徴によって有効電波遮断範囲は2~15mのGPS衛星信号を遮断・妨害・規制・抑止して、効果的な保護区域を形成し、GPS追跡アプリ対策にも絶大な効果を発揮します。

営業車のGPS電波を遮断する方法として、GPS電波遮断機「8341GPS」というアイテムを持ち歩くという方法もおすすめです。このアイテムは、全てのGPSの電話をワンタッチで遮断できるというアイテムで、誰でも簡単にどんなタイプのGPSが営業車や社用車につけられていたとしても、簡単に電波を遮断できるようになるでしょう。

携帯電波妨害装置の遮断電波は3G、4G、CDMA、GSM、DCS、PHSに対応しております。

スマホ電波遮断機

電波遮断の強さを調節できる機能があり、各アンテナにはそれぞれ独立した電源及び電波調整ボタンが付いております。そのため、遮断したい電波・遮断したくない電波をお客様が個々に設定していただく事ができます。

コンセントからの電源供給タイプで、車内用のシガーアダプターも付きます。

携帯電波携帯抑止装置の遮断範囲は最大約15~50m、電源は世界で使える100V~240V仕様です。

携帯電波遮断装置の遮断電波はGPS、3G、CDMA、GSM、DCS、PHSに対応しております。は試験会場、ガソリンスタンド、教会、裁判所、図書館、会議センター、劇場、病院、軍事要地分野および携帯電話の使用が禁止されている場所で使用されています。

GPSって、スマホにGPS追跡アプリ(現在位置追跡機能)としてたくさんあります。勝手にインストールされても、本人が気付かない場合が多々あり、これって常に誰かに行動を監視されているのと同じです。GPS電波遮断機を使えば、GPS追跡アプリからあなたのライバシーを守ってくれます。

WiFi妨害機結構いろんなことが出来て便利なんですが、知らないうちに仕掛けられたGPSアプリがかなりのくせ者で、さらに他のアプリで個人のプライバシーが洩れている可能性もあって、普通の携帯(ガラケー)に戻す人もチラホラいると聞きます。

通勤電車でうるさい乗客の電波妨害をライフワークにしていた男性捕まる

電車の車内でずっと大声でしゃべってる人とか、携帯メール打ちながら歩いて人にぶつかってる人とかは、「圏外にしてやりたい!」って思うことありますよね。

まさにそれをライフワークにしていたシカゴ市内の男性が警察に現行犯逮捕されました。朝の通勤電車でせっせと盗撮発見器で電波を妨害していた模様です。

無線電波発見機能

ずっと原因不明だったのですが、「車内で誰かが電話に出ると、ポータブルジャマー5本アンテナの黒い装置を取り出してスイッチ入れて電波妨害してる不審者がいる」という通報が数カ月前に警察に入って写真も提供されたため、市警がオンラインに写真を公開し、シカゴ交通局、連邦通信委員会(FCC)と合同捜査を進めていました。

一般道では朝晩の通勤途中、携帯やりながら運転するアブない人間があまりにも多いことに腹を立てたジャマーポリスがやはり、後部座席に電波妨害機器を積んで妨害をライフワークにしているのが見つかって500万円近くの罰金を科せられた事例があります。そのときはジャマーが発する電波があまりにも強力だったため、尋問で車を停車させた保安官の無線も通じなくなりました。

« 隠しカメラ解像度を簡単に設定する方法 | トップページ | ライター型カメラ 高画質 »

携帯ジャマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2224040/67026446

この記事へのトラックバック一覧です: 営業車のGPS電波を遮断する:

« 隠しカメラ解像度を簡単に設定する方法 | トップページ | ライター型カメラ 高画質 »