« 小型軽量の携帯妨害機なのに有効電波遮断範囲が広く | トップページ | ご家庭やオフィスで使える高画質小型カメラ »

2016年1月 3日 (日)

電波妨害装置【携帯ジャマー】携帯電話の電波妨害紹介

無線LANが不安定で、つながったりつながらなかったりする。あるいは使用中に突然切断してしまう。そんな症状に悩まされてはいませんか?
  機器の故障は別として、無線LANが不安定な場合には次のような原因が考えられます。

電波干渉(ジャマー)について

簡単に言うと「お使いの無線LANルータの設定画面にログインしてチャネルを変更するだけ」という作業になる。
ルータ設定に慣れている方にとっては何のことはない単純な作業になるが、初めて挑戦する場合は戸惑う場面がいくつかあると思われるので、代表的なルータの設定例を以下に載せていく。

ジャマー

Wi-Fiに多く使用されている2.4GHzという周波数帯は、電子レンジ、Bluetooth®機器、ワイヤレスインターホン、リモコンなどの器具と電波干渉をおこす場合があります。
  また、多くの無線ルーターが2.4GHz帯を使用しているため、屋内に2つ以上の無線ルーターが存在する場合や、マンション・アパートなどの集合住宅で隣家も無線ルーターを使っているような場合、あるいは家の近くに別のアクセスポイントがある場合などには相互干渉が発生して、不安定になることがあります。
  「無線LANがまったくつながらないわけではなく、時々不安定になる」という場合にはこのwifi 妨害を疑ってみましょう。

具体的には

     
  • ・ 無線LANが不調になるタイミングと、干渉が疑われる機器類を使用するタイミングの関係性を調べる。もし関係性があるようなら、どちらかの使用時間帯をずらして、無線LANが安定するかどうかを調べる。
  •  
  • ・ 無線ルーターをそれらの器具類からなるべく遠い場所に設置するなどの方法で不安定の原因を特定し、問題を解決できる可能性があります。家の外に原因が存在する場合も、無線ルーターの設置位置を移動することで問題が解決することはよくあります。

無線LAN/Wi-Fiがうまく繋がらない! 不安定! 電波干渉が疑われる場合の回避策

無線LAN(Wi-Fi)の電波干渉を回避する

802.11acという高速で干渉しにくい無線LAN規格が普及してきたが、まだまだ2.4GHz帯の802.11g規格で無線LAN(Wi-Fi)を利用している方は多い。自宅のインターネット環境がWi-Fi化されていることが当たり前になってきたため、自分のPCで検出できる無線電波が自宅の電波だけではなく、隣近所など近隣住宅の無線電波まで無数に受信しているような状態も少なくない。

携帯妨害機はいつ頃から販売されたのでしょうか?

  ネットではマナーの悪い携帯利用者を懲らしめる為的な感じて紹介されてるのですが、こっちからしたら、かなり迷惑になります。
 
自分は音を出しては行けない所では常にサイレントにしてますし、電波を飛ばせない所ではフライトモードにしてます。
  当たり前の事を当たり前にやってますよ。
 
  メールで重要なやりとり、中には仕事の契約を取るための連絡を行う。
  緊急の連絡を届ける為でもある。
  携帯電話が使用できなくて損害が発生したらどうなるのでしょう?(GPSジャマー
 
微弱な電波だから自分が移動すれば何とかなる可能性はありますが、どうしても移動できない時にジャミングにより妨害された、それで損害が発生したらどう責任を取るのでしょうか?

wifi 妨害

関連サイト

http://www.gamedesire.com/player/goobuy/blog/2543367

http://sns.hiroba.sist.chukyo-u.ac.jp/goobuy/blog/8341ca-jammer-goobuy

http://goobuy.n-da.jp/e665936.html

« 小型軽量の携帯妨害機なのに有効電波遮断範囲が広く | トップページ | ご家庭やオフィスで使える高画質小型カメラ »

携帯電話ジャマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2224040/63284947

この記事へのトラックバック一覧です: 電波妨害装置【携帯ジャマー】携帯電話の電波妨害紹介:

« 小型軽量の携帯妨害機なのに有効電波遮断範囲が広く | トップページ | ご家庭やオフィスで使える高画質小型カメラ »