« セクハラ、嫌がらせ対策の完全リモコン操作隠しカメラ | トップページ | 防犯カメラ遠隔監視の人気が急上昇 »

2015年11月20日 (金)

赤外線ライト付き隠しカメラが社内の盗難対策

隠しカメラは古くから存在していましたが、企業や一部の職業の方のツールでした。一般の方が手に入るのは画質も悪く、見た目も怪しいものが多かったです。
  しかし、ここ2~3年ぐらい前から隠しカメラの商品市場が大きく変わりました。

一番の変化は高画質化で、カクカクした小型カメラはほとんど姿を消しました。

数千円から1、2万円代で驚くほどの高品質小型カメラが購入できるようになりました。

小型隠し

小型隠しカメラの元祖と言えば「キーレス」や「ペン型」と思いますが、購入傾向を見ますと
(1)携帯が楽で相手に悟られづらい。
(2)画質が良く、長時間録画が出来るタイプ。
(3)動体検知とか暗視補正、赤外線機能付き、音感センサー付きなど使用目的を熟慮して買う。
などの特徴がハッキリしています。


キーレス隠しカメラは、常時携帯し取りたい瞬間を逃さないためのビジネスツールとして圧倒的な人気があります。ボイスレコーダーとして使用する方も多く、聞き逃しや勘違いが仕事の大きなマイナスになりますので、ビジネスマンやOLの間に深く入り込んでいます。
苦情対応では多くの会社がその記録を内々に保存しています。
それでも、大手取引先に対しては言った言わないで大分苦戦しましたね。私の実感です(涙)。大事な会議はメモ代わりに使い、レポートを作成している方が多いようです。

室内隠し

今、室内に隠したカメがかなりのスピードをもって一般に普及してきました。
価格も安く、使用目的に応じた色々なタイプの隠しカメラが販売されるようになりました。
TVでも、小型隠しカメラの性能のすごさが報道され、本当か?の話題で騒然です。

イジメや暴力、いたずらなどは泣き寝入りが多い。でも、簡単に録画・録音できたら、もっと早く子供たちを守って
あげられたかも知れません。

事業所でも、社内の盗難、セクハラ、パワハラは実際に私の経験では、相当(想像以上に)存在します。
かなり大手の事業所でも同様で、担当の窓口はありますが、泣き寝入りが多いのに驚きです。、
パワハラの実態はすさまじく、不景気で上もあまりかかわりたくない、そんな傾向があるかもしれません。

赤外線暗視

主な赤外線暗視カメラの種類は
●置時計型隠しカメラ
●ペン型隠しカメラ
●キーレス型カメラ
●充電機型カメラ
●クローゼットフック型カメラ
●USBメモリ型隠しカメラ

機能別せは
●赤外線タイト付き
●動体検地機能付き
●フルハイビジョン
●完全リモコン操作型
●暗視補正機能付き

« セクハラ、嫌がらせ対策の完全リモコン操作隠しカメラ | トップページ | 防犯カメラ遠隔監視の人気が急上昇 »

隠しカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2224040/62602922

この記事へのトラックバック一覧です: 赤外線ライト付き隠しカメラが社内の盗難対策:

« セクハラ、嫌がらせ対策の完全リモコン操作隠しカメラ | トップページ | 防犯カメラ遠隔監視の人気が急上昇 »